芸能人の裏情報ネタまとめ
ホーム > 芸能人の一口裏情報 > 芸能人の裏情報⑤

芸能人の裏情報⑤

小倉智昭はカミングアウトしていた

小倉智昭フジテレビの朝の顔と言えばフジ系「とくダネ!」メインMCの小倉智昭。

ネット動画などでも小倉のカツラ疑惑がネタにされているが、じつは講演会などカツラを外すこともあり既にカミングアウト済みなのである。

以前に「週刊文春」で、小倉本人が「別に(カツラを)隠してもいないし、皆知ってますよ」「僕は総カツラじゃないんだから(笑)。

ほとんどが自分の髪なんだから」「美容院行って髪は切ってるし、スッポリ被ってるわけじゃないですよ」などと語っている。

スポンサーリンク


成宮寛貴をスカウトした大女優

成宮寛貴世間を騒がした成宮寛貴の幼少期は波乱万丈だったらしい。

成宮は幼い頃に母を亡くし、家計を助けるため新宿二丁目住み込みで働いていたという。

イケメンだった成宮は新宿二丁目で働きはじめると直ぐに噂となり、大女優「かたせ梨乃」にスカウトされて芸能界に入った。

カンニング竹山が13億円の借金

竹山が上京した頃、竹山の父が脳出血で倒れてこの世を去ってしまうのだが、生前に竹山の父が経営していた会社の借金返済計画を立てている再中の出来事だった。

その後、東京にいた竹山に裁判所から身に覚えのない借金13億円の書類が届く。竹山は相続を放棄することで13億円の負債を免れたというのだが、死んだ父の口癖は「保証人だけにはなるな!」だったという。

カンニング竹山は借金450万円を整理

カンニング竹山カンニング竹山がまだ芸人として駆け出しの頃、相方の中島がバイクで交通事故を起こしてしまう。その事故の示談金50万円を支払うために消費者金融で借りることになった。

ここまではよくある話だが、消費者金融で簡単に借金できる味をしめてしまった竹山は、アルバイトもしないで遊びでも借金をするようになった。

その後。積りに積もった借金は450万円に膨れ上がり、毎月の利息だけでも15万円を支払っていた。

当然、支払いは滞ってしまい借金取りが自宅に来る事態へ。結局に弁護士に相談して債務整理をしたらしい。

壇蜜の性への影響はゴルゴ13

壇蜜壇蜜が性に対して興味を持ち始めたのは小学生の頃らしい。小学生の壇蜜が性的なことに関心を持つことになった原点が、なんと漫画「ゴルゴ13」だったという。

中学生になると同級生から「愛人」というあだ名で呼ばれていたそうだ。


井上陽水の考えた造語

井上陽水井上陽水の代表曲「少年時代」は老若男女問わずにカラオケで歌われている名曲。

テレビCMでよく起用される少年時代ですが、歌詞に登場する言葉「風あざみ♪」と「宵(よい)かがり♪」 は、じつはこのような日本語は存在せず、井上陽水が考えたの造語だという。

流石、日本を代表するミュージシャンである。

上島竜平は関西人

別に驚くことでもない話だが、考えてみると上島から関西弁を聞いたことがない人がほとんどなのでは?

上島竜兵の出身は兵庫県丹波市生まれの神戸育ちである。

中居正広の携帯の電話帳

笑っていいともで中居正広が携帯電話に登録されている芸能人について、7人位だと話している。その中には元SMAPメンバーの草なぎくん1人しか入っていないというから驚きだ。

キムタク等の他メンバーの携帯番号は知らないという。

加藤綾子は茶髪ギャルだった

かつては女子アナ人気ランキング第1位を独占していたカトパンこと元フジテレビアナンサーの加藤綾子。今では信じられませんが、じつは高校生時代は茶髪ギャルだったというのです。

学生時代から彼女はクラスメイトと仲良く中心的な存在だったとか。TBSアナウンススクールで同期のTBS舛田絵理奈アナやテレビ東京の相内優香とは仲が良いという友達を大事にするカトパン。


ミスチル桜井は「モヤモヤさまぁ~ず」ファン

音楽番組「Music Lovers」にミスチルが出演した時、ミスチル好きの羽鳥慎一が桜井さんに普段どのようなTV番組を見てるのか質問したところ….。

桜井さんは何も考えずに「モヤモヤさまぁ~ず」を毎週欠かさず晩酌しながら見ているようだ。本人が言っているので本当でしょう。

ローラのタメ口キャラは戦略?

大御所芸能人であっても平然とタメ口を使うキャラでブレイクしたローラ。彼女がタメ口なのは海外で育ったため、敬語が苦手ということらしい。

どうやら真相は少し違うようでローラが海外にいたのは9歳までなので、その後は日本で暮らしなので敬語はしっかり使えているはず。

また、金髪とブラウンの瞳がトレードマークのローラだが、じつは髪の毛と瞳の色は黒色で髪は染めていて瞳はカラコンなのだとか。

バラエティ系にも通用するハーフ系タレントととして売り出すための戦略だったようだ。

大島優子はクオーター

全盛期のAKB48センターと言えば前田敦子でしたが、前田が卒業後にセンターを務めたのが大島優子。大島は日本人のお父さんとアメリカ人と日本人のハーフのお母さんを持つクオーターとして大島家に誕生した。

スポンサーリンク